girlgamesinc

座ったまま3分でできる簡単バストアップ体操2選

time 2019/01/06

座ったまま3分でできる簡単バストアップ体操2選

バストアップが期待できる体操やストレッチをしたくても、毎日忙しくて時間が取れなかったり、始めても長続きしないことが多いですよね。横になって行うストレッチだとヨガマットを敷く手間がかかったり、広いスペースが必要だったりと始めるまでのハードルが高くなってしまいます。理想的なのは仕事や家事の合間にこっそりできる手軽な運動です。椅子に座ったまま準備運動を含めて3分以内で行える、簡単なバストアップ体操を2つ紹介します。

バストアップ体操前の準備体操のやり方

バストアップ体操を始める前に準備体操で体の凝りをほぐしたり、血行を良くして体を温めておくことが大切です。体操で日常生活では動かしにくい筋肉に刺激を与えるので、筋肉に余計な負担をかけないためにも準備運動は欠かせませんし、バスト周りの血行促進にもつながり、後に行うバストアップ体操の効果が上がりやすくなります。1分30秒あればできる短い準備体操なので、あっという間に終わりますよ。用意するのは椅子と両足を伸ばせるスペースです。デスクワーク中でも椅子を少し後ろに下げれば、体操できるスペースは十分確保できますよ。それでは準備体操のやり方を紹介します。まず椅子に浅く座りましょう。背中を背もたれにつけず、お尻が椅子の真ん中に来る位置が目安です。まずは30秒で背中全体を伸ばしていきます。両腕を上に上げたら指先までピンと伸ばしましょう。その時に指先を見るように顔を上げるのがポイントです。同時に両足はかかとを床につけたまま、爪先を上に上げます。両腕と両足の爪先を上げたまま30秒キープしましょう。次に右腕の指先をピンと伸ばしたまま斜め上に上げ、左足を無理のない所まで上げます。この時、左腕は下に下げたまま、右足は床にかかとをつけたままの状態です。この体勢を15秒キープしたら、左右逆にして同様に15秒キープしましょう。最後に今度は右腕を斜め上に上げ、右足を無理のない所まで上げたまま15秒キープした後、左腕と左足に替えて15秒キープすれば準備体操終了です。準備体操が終わったら、バストアップ体操を始めますが、これから紹介する2つの体操のうちどちらか1つを1日1回やりましょう。

15秒でできるバストアップ体操

まずは胸を張り上向きバストを作るためのバストアップ体操です。背中や肩回りの筋肉を鍛えて正しい姿勢を作りながら、バストアップを目指します。15秒で完了する体操なので時間が無い時におすすめですよ。椅子に浅く座ったら、両腕を肩の位置まで上げて真っ直ぐ前に伸ばします。指先を伸ばしたまま5秒キープしましょう。次に両腕は肩の位置のまま、両ひじを後ろに引きながら曲げて5秒キープします。この時、おへその下に軽く力を入れるとより効果的です。最後に両ひじを後ろに引いた状態で、両手を上に上げて手のひらを前に向けます。5秒キープで終了です。

1分でできるバストアップ体操

次はバストに直接働きかけるバストアップ体操です。バストのハリを生む大胸筋が鍛えられますよ。椅子に浅く座ったら肩の高さで両腕を伸ばし、両ひじを直角に曲げたら両ひじから小指の先までくっつけて、10秒キープします。おへその下に軽く力を入れたら、両ひじから小指までくっつけたまま、両腕を上がる所まで上げて10秒キープしましょう。この2種類の10秒キープの体操を3回繰り返して終了です。短い時間で簡単にできる体操なので、毎日続けることが大切ですよ。